みなさん、こんにちは!!
BIGDATA MEDIA編集長です!!

最近、”ビッグデータ”という言葉を耳にする機会が増えてきましたね。
ただ、「よく耳にするけど、結局のところビッグデータってなに?」という方、多いと思います。

私もその1人でした。

これから先、「ビッグデータってなんだか分からないけど、まぁいいか。」ぐらいのスタンスで生きていくものだと思っていました。

・・・が、しかし。

BIGDATA MEDIAの編集長になったからには、しっかりと”ビッグデータ”と向き合っていかねばならないと思い、毎日勉強中です。

毎日ビッグデータについて勉強する編集長

ビッグデータってなに?

さて、私がまず最初になにを勉強しなければいけなかったか。
それは、ビッグデータとは?ということ。

IT用語辞典には、下記のように記されています。

ビッグデータとは、従来のデータベース管理システムなどでは記録や保管、解析が難しいような巨大なデータ郡。明確な定義があるわけではなく、企業向け情報システムメーカーのマーケティング用語として多用されている。
引用元:IT用語辞典より

ビッグデータには明確な定義がない・・・!?

ビッグデータに定義がないことを知り絶望する編集長

じゃぁ、どうやってビッグデータを理解したらいいんだ、と絶望した私。

調べを進めていくと、ビッグデータを構成する要素には3つのVがあるようで。
・データ量(Volume)
・データの種類の多様性(Variety)
・データ処理のスピード(Velocity)

どの仕事をするにも、ビッグデータは必ず関わりのあるものになります。

私は、元アパレル店員なので、アパレル業界で例えさせていただくと、
・年齢、性別、服装の好み、仕事、などの顧客情報
・何曜日の何時が一番売れたのか、どの商品が人気だったのか、などの売上情報
・素材は何でできているのか、年齢層はどのぐらいなのか、などの商品情報

この辺すべてビッグデータです。

例えば、30代の女性が来店したとします。リピーターではなく新規のお客様だとして、その方に関する情報が何もない状態だとします。

これが、データが蓄積されていない状態だと、どういった服をオススメすればいいのか、どういった服が好みなのか。まったく分からないですよね?

だが、しかし!!

データの蓄積がされていれば、同じ30代の方に人気の服であったり、着用されているものや、服装から、オススメできる商品ができるんです!!

これが、ビッグデータ、分析、活用になるのです!!

では、実際に情報をどうやって分析していったらいいのか?