広がる、AIの活用範囲

業務上の様々な場面でAIの活用範囲は広がりを見せています。
今までは人の手が入らなければいけないような業務も、AIが分析から提案までをこなしてくれるようになってきました。
ユーザーの膨大な購買情報(ビッグデータ)からあなたへのおすすめ商品をAIが提案してくれるように、いずれはAI同士で業務上のやりとりを行うことも可能となるでしょう。
いくつかの企業により、それを可能とするプラットフォームの提案・承認が行われました。

※【PR TIMES】に2019年8月21日に掲載された記事より引用しております。
複数のAIが互いの利害を自動調整するための検証環境が国際業界団体「IIC」から承認

日本電気株式会社、Fraunhofer IOSB、株式会社カブク、Korea Electronics Technology Institute、沖電気工業株式会社、豊田通商株式会社は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所と共同で、インダストリアル・インターネット・コンソーシアムに対し、産業用インターネットにおける新しい技術や応用方法、製品・サービス・プロセスなどの有用性を検証していく場である標準検証環境(テストベッド)として、AI間自動交渉プラットフォームを提案し、承認されました。

本プラットフォームは、複数のAI間での協調・連動動作を可能にするAI基盤技術を活用しています。各システムのAI同士は、取引条件や資源の割り当て・融通方法などを自動的に交渉し、双方の利害を調整できるようにします。これにより、今後、企業や組織の壁を越えてシステム同士が接続し、より複雑で大規模になると予想される物流・製造を含むさまざまな社会インフラシステムについても、効率的な運用が可能となります。

NECは提案リーダとして本テストベッドを提案し、フラウンホーファー、カブク、KETI、OKI、豊田通商、産総研が参加者として本提案に参画しています。今後6社は、本テストベッドへの参加者を増やしながら、AI間で自動的に交渉するプラットフォームを国際標準化する活動を進め、製造・物流だけでなく、他の業界にも展開していきます。

AI間自動交渉プラットフォームテストベッドの特長
・発注側/受注側それぞれの企業がエージェントとなる交渉AIを保有し、それらAIが、AI間自動交渉プラットフォームを介して、双方が合意できる取引条件を探索します。この探索は、標準化されたプロトコル、データ・フォーマット、語彙定義を用いて、相互に取引条件案の提示と受諾可否の回答といった「交渉」を行うことで実行されます。

・双方合意できる条件が発見できた場合は、契約するかどうかの最終判断を人間であるユーザに仰ぎます。これにより、受発注者双方にとってWin-Winとなる条件の発見を容易にし、製造や物流のバリューチェーンの効率化・柔軟化を実現します。

なお、このたび承認されたテストベッドは、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)における研究成果を活用したものです。


画像引用元:PRTIMES

AI技術の発展がさらに進むと、人の手が入るのはAIが導き出した提案に対する判断だけということが可能となります。
人間の代わりにAIが仕事をしてくれるなんて、まさに理想的な世の中ですね。
「人間の仕事をAIが奪う」というようなネガティブな傾向もありますが、複雑かつ多くのナレッジを必要とする業務をAIが行うことで、人間はよりクリエイティブな業務にのみ専念することができます。
業務に余裕ができれば職場内のコミュニケーションの向上も図れますし、それによりハラスメントの発生も抑制することが可能となるのではないでしょうか。
AIのこれからの発展から目が離せませんね。

[執筆:ハル・クムラ
[最新更新日:2019年8月22日]