将棋AIと戦う、電王戦をご存知の方は多いと思います。
最近ではすでに身近になってきているAI技術。
「人間 VS AI」の構図もよくみられますが、やはり注目されているのは機械学習による迅速で的確・適切な判断を利用したマーケティングなど、いかにしてビジネスに役立てるか、といったところでしょうか。

とはいえ、なかなか気軽にAI技術を導入できないのも実情です。

そんな中!!
セカンドサイト株式会社が提供しているSaaS(Software as a Service)型のアナリティクス・ソリューション「SkyFox」は、データと、インターネット環境だけあればAIを活用した機械学習や情報処理ができるのです!

AIがもっと身近に!?

※【PR TIMES】に2019年7月3日に掲載された記事より引用しております。
セカンドサイト、協和エクシオと資本・業務提携を実施

以下、引用
資本・業務提携の目的
当社は、幅広いお客様へのAIの構築・コンサルティングや、機械学習モデルを容易に構築・利用できるSaaS(Software as a Service)型のアナリティクス・ソリューションを提供してきました。
一方、協和エクシオは、「グループ総力を結集し、トータルソリューションで新たな成長ステージへ」という中期ビジョンのもと、情報通信インフラの構築をはじめとした通信インフラ事業に加え、経営効率向上と働き方改革のためのソリューションの提供、またデジタルビジネスを実現するためのITプラットフォームとしてモバイル、クラウド、IoT分野に注力し、金融、製造業など幅広い業種のお客様にソリューションを提供してきました。
今回の資本・業務提携により、両社のソリューションの融合やAI搭載ソリューションの共同開発などを行い、幅広い業種のお客様に新たな価値を提供してまいります。
画像引用元:PR TIMES

2社が業務提携し、共同開発することで、今以上にサービス提供の幅が広がりそうです!!

業種に限らずAIが利用されれば、ビッグデータを独自で作る・利用することが増え、社会全体のデータはさらに膨大になりそうです。
データ収集だけでなく、活用の方法を考える為に、ビッグデータとAIは切っても切れない関係なのかもしれませんね!

※引用元の記事の主張と、本記事の主張内容は関係ありません
[執筆:モソソソ
[最新更新日:2019年7月12日]