現在、何かしらの仕事についているほとんどの方が通ってきたであろう就職活動
これから就職活動を行う人も多くいることだろう。転職も珍しくなくなった現在、自分に合った働き方、自分のやりたいことが実現できる場所を求めて、多くの人が動いている。

就職活動を取り巻くデータのやり取り

就職・転職活動をするならば一度は触れたことがあるだろう求人情報サイト。
登録をすると企業研究はもちろん、自分だけでは行き着くことのなかった企業の情報も得られたりする。また、就活特有のマナーから面接対策に必要な情報まで提供されている。
転職に至っては、業界に特化したサービスを提供する会社も増えてきていることからも求職者のニーズが高いことが窺い知れる。
求職者としては必死になって履歴書を記入せずとも登録した情報を確認し、応募フォームを送信するだけで企業とやり取りができる。
企業としても、求人サイトを利用することで求職希望者の目に触れる機会を増やすなど、利点が多々あげられる。
また、企業情報の検索を進めていくと、「おすすめ企業」として企業の紹介がされたことはないだろうか?
求職者の閲覧履歴をもとに、同じ業界の企業や、業界は異なるが求めている待遇に近い企業、同じ企業を見た別の求職者がその後閲覧していた企業などが広告として表示される。
数千を超える企業と延べ300万の求職者の情報を処理し、必要な情報を提供してくれている。