いよいよ夏本番、ビールの売り上げってどうなの?

今年も半分が終わり、いよいよこれから夏本番ですね!
みなさん、ビール飲んでますか!!
海水浴にキャンプ、BBQに花火大会、さらにはビアガーデン、或いはお風呂上りでも。
ビールがおいしい季節じゃないですか!!

花火大会当日なんかに近くのスーパーやコンビニで大量に並ぶビールを見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。
なんとなくビールが売れそうな季節~という気がしますね。

当然のことながら企業側も一年を通して需要予測をするわけですが、様々な銘柄が存在するビール業界、各社メーカーもしのぎを削っているはず!


画像引用元:AIsmiley

製造業・小売業の現場では、複雑化するカスタマーのニーズに対応するため、これまでの経験による積み重ねや販売目標を軸とした在庫管理・生産管理から、データに基づいた需要予測システムを導入する動きが増しています。とくに近年は、機械学習を取り入れることでますます精度が向上するケースが増えているようです。

大量のデータから単純に数値を引き出すのではなく、AIによる分析を経ることでより精度の高い数値を算出することが可能となるのです。
ビッグデータとAIの組み合わせはやっぱりすごいですね。

では実際に、どのような情報を元に分析が行われているのでしょうか。