ただ収集しただけでは活かせないビッグデータ

様々なシーンで活用されるビッグデータ。
その有用性は我々の想像つかない分野にまで発展し、私たちの暮らしを便利で快適なものにしてくれています。

ビッグデータ分析基盤向けデータ統合自動化サービス「 troccoⓇ」(トロッコ)などを提供する、株式会社primeNumber(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 田邊雄樹 以下、プライムナンバー)は、このたび、大和企業投資、SMBCベンチャーキャピタルを引受先とする第三者割当増資により、シリーズAラウンドとして総額約1.3億円の資金調達を実施しましたので、お知らせいたします。

~中略~


画像引用元:PR TIMES

●プライムナンバーが提供する「 troccoⓇ」について

企業にとって大きな課題だったビッグデータ活用・分析の「事前処理」を自動化
データテクノロジーカンパニーのプライムナンバーは、2018年10月にSaaS型のビッグデータ分析基盤向けデータ統合自動化サービス「 troccoⓇ(トロッコ)」の提供を開始致しました。

現在、世界中のさまざまな産業で、新製品やサービスの設計、商品企画、ユーザー獲得などを目的にビッグデータの収集・分析が行われています。私達の生活を取り巻くデジタルデータ量が飛躍的に増大する(※1)なか、国内企業においてもビッグデータの収集を積極的に行い(※2)自社のビジネスグロースに繋げようとする動きが生まれつつあります。

しかし、多くの企業では、このビッグデータ分析を行うための「準備」作業に課題を感じています。ビッグデータの分析にあたっては、大量のデータを取り込んで正しく処理ができるように、あらかじめさまざまなデータ種の事前処理(変換・統合)を行うことが必要です。これまでほとんどの日本企業では、各社のデータサイエンティストなどが膨大な時間をかけて手作業でデータ変換・統合といった「準備」作業を行ってきました。この「準備」にかかる工数は、ビッグデータ分析工数全体の「8割」にのぼるとも言われており、こうした非効率が国内企業のビッグデータ活用に遅れを生じさせているとも考えられます。

「 troccoⓇ」は、この課題を解決するSaaS型サービスで、初期費用0円、最短5分で利用開始が可能です。「 troccoⓇ」を利用することで、自社開発と比べ約95%の工数削減(※3)が見込めます。現状、国内最高の転送速度を誇るSaaS型データ統合サービスで(※4)、すでに総合エンターテインメント企業、大手ゲームメーカー、運輸企業、大手総合広告代理店など大企業を含む、約100社(※5)にご利用いただいています。

【 troccoⓇオフィシャルページ】
https://trocco.io/lp/index.html

発展の事前準備

私は今までビッグデータに関連する様々な情報に触れてきましたが、得られたデータの価値と活用先ばかりに目がいき、収集されたデータが活用されるまでの段階にはあまり関心がありませんでした。
データが活用されるための事前処理としてのデータの変換や統合処理に膨大な時間を要し、ビッグデータ分析工数全体の「8割」…
こんな衝撃的な事実の中、「 troccoⓇ」は初期費用0円、最短5分で利用開始が可能…
ビッグデータのさらなる発展のための環境が整いつつあるのだなあと実感しました。
今後の展開に要注目!ですね。

[執筆:髪の毛くるくる太郎
[最新更新日:2019年7月11日]