皆さん、二度目まして! 犬バカ・インコバカ・メダカバカの佐助 改め 佐助のおっかあ です。

 先日ついに、販売向け犬・猫へのマイクロチップ装着が義務化されましたね!
 今日は、そのマイクロチップについて、ちょっとだけお話をさせていただこうかと思います。

★マイクロチップとは何ぞや?★

 結論から言ってしまうと、『動物の個体識別を目的として、皮下に埋め込まれる超小型の集積回路(IC)』というヤツです。大きさは直径約2mm、長さは約10mmほど。まぁ、お米の一粒よりちょっと細めで、ちょっと長い、って感じでしょうか。


画像引用元:環境省HP

 これに飼い主の個人情報を記録しておけば、専用の読み取り端末を使ってそれを見ることが出来る、というもの。記録は15ケタの数字で表されます。このあたりがビッグデータに関わってきます。ビッグデータはざっくり簡単に言ってしまえば『情報の集合体』なワケなので。
 人間でいうなら、マイナンバーと似ていると言ってもいいかもですね!

 生体適合ガラスもしくはポリマーで出来ているチップの耐用年数はおよそ30年。15~20年前後生きる犬はもちろん、30年近く生きる個体もいる猫の寿命もカバー可能です。
 これを、首の後ろあたりの皮膚の下に、少し太めの注射器状の器具=インジェクターを使って埋め込む仕組み。・・・何故、首の後ろなのか? おうちにどちらかがいるよ、という方ならおわかりになるかと思うんですが、犬も猫も首の後ろから肩の上あたりまでの皮膚って、少したるんでいるというか・・・掴めるくらいの余裕、ありますよね? これは外敵(他の肉食獣や同種など)と戦って首を噛まれてもすぐ致命傷にならないようにする一種の進化だったりするんですけど、そのあたりであれば動きの邪魔にならないんだそう。
 なお、動作には電池は必要ありません。

 読み取り端末は、動物病院や保健所に主に設置されています。
 まだすべてに置かれているワケではないとのことですが、義務化に伴い設置するところは増えていくと思われます。

 マイクロチップの埋め込みは、アメリカやイギリス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドなどといった『動物愛護先進国』では、既に家庭向けのペットに義務化がされています。きちんと埋め込んでいないとその生物は連れて入国出来ない、というところもあります。
 日本では、これまでに採用されていなかったワケではないのですが・・・【ヒトに危害を与える可能性がある危険な生物】、海外生まれの犬や猫を国内に持ち込む場合には確実な個体識別方法として義務付けられる、というかたちでした。それ以外は、飼い主さんの完全な任意。2018年時点で、ペットとして飼われている犬で約13%猫では3%の普及率だったそうです。
 【ヒトに危害を与える可能性がある危険な生物】が気になる、という方はこちらをご覧ください。

■環境省HP:特定動物(危険な動物)の飼養又は保管の許可について
 
 義務化にあたって、マイクロチップ装着のタイミングは『飼い主に引き渡される前まで』とのこと。具体的には、繁殖業者(ブリーダー)もしくは販売業者が責を負う見通しであるようです。
 既に飼っている方には、装着の努力義務が課されるそう。今はまだ、あくまで『推奨』という段階です。