皆さんの中で転職をした方・転職を考えている方がいると思います。
転職をする方法は色々ありますね。
求人サイトに登録したり、知り合いの会社を紹介してもらったり、ハローワークにいったりと方法はいくらでもあるかと思います。
また、転職する理由も色々ありますね。
給与が上がらない・人間関係が悪い等様々あります。
「転職ナビ」登録者にアンケートを取った結果がありましたのでご紹介したいと思います。

転職理由が「給与」を上回った?

技術職、専門職にとって「給与」は二の次

アスタミューゼが運営する「転職ナビ」登録者を対象としたアンケート(アンケート対象者:1725名をランダムで抽出し、回答者622名)によると、「転職を考えた(決めた)理由」に「今の職場に夢がない(33%)」が「給与が上がらない(30%)」を超え、初めて1位となりました。2位には、「やりがいを感じられない」がランクインしています。IT市場の拡大により、企業におけるエンジニア不足が続く中、エンジニアの給与水準は年々上がり、売り手市場が続いています。一方で、転職条件の優先順位が徐々に変わりつつあり、企業側が採用活動の方針や手法を見直す大きな変革期が到来していることが浮き彫りになりました。


(2019年6月「転職ナビアンケート」より)
画像引用元:PR TIMES

転職理由が「給与」より「夢」・「やりがい」が上回っていることに驚きました。
今後は、給与が高い・役職がつくだけではなく、夢とやりがいを感じていただけるようにしていかなければ人材確保が難しくなってきているようです。
その中アスタミューゼ株式会社は、ビッグデータを元に企業と求職者の求めていること、挑戦したいことを可視化し、採用支援を行っているみたいですね。
こんなところにもビッグデータが活用できるとは、ビッグデータの可能性には驚かされるばかりです。
誰もが自身もマッチした転職が叶えられる時代が来るといいですね。

※引用元の記事の主張と、本記事の主張内容は関係ありません
[執筆:リュウガ
[最新更新日:2019年7月25日]