時代とともに変化する小学生がなりたい職業

このご時世、技術の進歩や防犯意識も相まって、公園に集まる小学生が何をして遊んでいるか覗いてみると、スマートフォン片手に全員が画面に夢中で、それぞれの年代の方が過ごしてきた遊び方との違いから「俺たちのころは~」と思う方も多いのではないかと思います。

今どきの小学生を見て感じるジェネレーションギャップは遊び方に他ならず、様々な分野で見て取れることでしょう。
刊行開始からその時代の小学生男子に大人気の『コロコロコミック』が小学生男子の興味にまつわるビッグデータを公開しました。


画像引用元:PR TIMES

「コロコロコミック」は、最新ゲーム・ホビー情報、豪華連載漫画などを毎号収録、小学生男子から圧倒的支持を得ています。
なぜコロコロは子ども達のバイブルであり続けられるのか――。その強みの1つに、編集部が年に1度、子ども達に大規模アンケートを実施している点があります。

その門外不出のアンケート“コロコロ版ビッグデータ”が、5月よりコロコロ公式サイト「コロコロオンライン」にて公開されました。(https://corocoro.jp/49101/
この結果が、令和時代の小学生の「現在」がよくわかると、早くも評判です。

アンケートは、「好きなスポーツ選手&芸能人」「好きなYouTuber」「好きなゲーム」「いま友だちと熱中していること」「興味のある職業」「人生で大切に思うこと」「好きな言葉」の7種。それぞれ1位~30位ほどが公開されています。

好きな芸能人は、1位:大谷翔平/2位:あばれる君/3位:ひょっこりはんと、他では見られないユニークなラインナップ。興味ある職業では、1位:YouTuber/2位:プロゲーマー/3位:ゲーム実況者と、ネットやゲーム関連が上位を占めました。他社のアンケートでは馴染みのスポーツ選手、パイロットなどは上位に入っていません。

さらに「人生で大切に思うこと」の1位に「命」、好きな言葉の1位に「ありがとう」が選ばれるなど、いまどきの子ども達の考え方が垣間見える、興味深い結果が得られました。

これらのアンケート結果について、人気YouTuberランキングで1位のヒカキン氏が自身のTwitterで取り上げ、ネットを中心に大変な盛り上がりを見せています。子どもを対象としたアンケート企画は珍しいものではないかもしれませんが、長年にわたって子ども達と向き合ってきたコロコロのデータは、大変貴重といえます。

YouTuberになりたがる息子

興味ある仕事ランキング堂々の1位となったYouTuber。スマホを持つ小学生が増え、娯楽として人気YouTuberの動画を視聴し、自分が投稿者としてYouTuberにあこがれる。
流れを追うとなるほどといったところですね。
お子さんが「YouTuberになる!」と言ってカメラを回しだした時、止めるも応援するも親御さん次第です。
もしかすると将来、あなたの息子さんが人気YouTuberランキング1位を博する日が来るかもしれませんね。

[執筆:髪の毛くるくる太郎
[最新更新日:2019年7月16日]