位置情報分析でチャンスをつかむ

近年、「位置情報解析」といった分野にビッグデータが用いられ様々な企業で開発が進められている事情をご存じでしょうか。

ビッグデータメディアが注目している「ビックデータ」
そのものに多くの企業が注目してくれてるのは嬉しい限りですが、そもそも「位置情報解析」といわれたところで何のことやら…と思われる方もいるかもしれません。

ということで、はじめは「位置情報解析分野」って何者なのかを皆様と一緒に紐解いていけたらいいなと思います。

位置情報解析って何?

位置情報解析とは、わかりやすく説明すると「ユーザーから許可いただいた位置情報などを利用してビジネスに利益をもたらしていくもの」になります。いわばマーケティングの一種ともいえるのではないでしょうか。
位置情報がなぜそのように利用できるのか、解析って何をするのかわからない方のために、以下にて詳しく説明してみます!

位置情報解析の目的

1. 位置情報のデータだけでなく、ユーザー属性や過去のトランザクションデータといった異なるデータを組み合わせてサービスを提供すること
2. それら組み合わされたデータを、ユーザー自らが様々な軸で検索、分析可能なデータ分析基盤を提供すること
3. 大量のデータに耐えうるレスポンスを提供し、顧客がサービスを求めるその瞬間を逃さないこと
引用元:日本トラクル【位置情報を活用し、新たなビジネス創出を実現するための3つのポイント】より

⇒企業サイトからの引用になりますが、多くの企業が顧客サービス向上のため、位置情報分析を利用したり開発したりしているのではないかと私自身は考えています!

しかしながら、位置情報解析が顧客サービス向上のためと一概に言われたところで、じゃあ具体的な構図ってどうなのかと疑問に持つ方が多いのではないでしょうか。
確かに「位置情報分析」なんて聞き慣れないものなので具体的にどんなことをやってるのか言葉で言われてもしっくりこないですよね。

以下がその解析が必要な構図になっています。

図解するとよりわかりやすくなったのでは…と思いますが、要は皆さんがよく行くお店だったり、閲覧するECサイトだったり、どの顧客がどのサービス(お店)をどのくらいの頻度でといったものを分析することで売り上げだったり各店舗の収益数を測定したりするというのが目的になります。