国内旅行の傾向

ゴールデンウィークも終わり、「次はどこに行こうかなぁ」と、早くも計画している方も多いのではないでしょうか?
日本に旅行に来る外国人の数は増加傾向にありますが、日本人の国内旅行事情が非常に気になるところではあります。
参考ページを元にデータを見てみると、2019年1〜3月期の日本人国内旅行消費額は、4兆1,954億円で前年同期比5.3%減となったそうです。

日本人の旅行者数の減少に起因するものですが、ちょっと寂しい結果ですね。
ですが、一人当たりの旅行単価を見るとどうやら前年よりも上昇しているようなのです。
2019年1〜3月期の日本人国内旅行の1人1回当たりの旅行単価は35,170円と、前年
同期比の1.1%増、宿泊の有無で見ると、宿泊旅行が51,112円(一人当たり)で、前年同期比の2.2%増です。

非常に興味深いデータですね!
全体の人数、消費総額は減少していても、その内容はリッチになっているということです。

連休はやっぱり一人でゆっくりしたい!

近年はやっている「おひとり様」。
大手旅行サイトなんかでも、「おひとり様」を対象にしたサービスや旅行プランなどが多くあります。
でも一人旅というと、やっぱり価格は抑えたくなるし、そこまで贅沢できない気がするし…。
そんなこんなでもやっとしている方、ご安心ください。
令和の宿泊施設は一人旅でも充実して「おもてなし」「お風呂」「お部屋」を提供してくれる宿がたくさんあります。
一晩で一目惚れできる、そんな素敵な素敵な宿を探しにあなたもおひとり様旅行してみませんか。

一人旅人気宿泊施設ベスト3

第一位 風の薫

全室露天風呂と貸切風呂が自慢のホテル。
海に面しているとのことから景色もよく、伊豆の「温泉」「絶景」「美味」を同時に楽しめるとのことで一人でも複数でも宿泊施設の中では断トツの人気
値段は、22454~78800円と少し高め。

第二位 ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ

箱根の自然の中に囲まれたリゾートホテル。
本格的な料理の提供はもちろん、広々とした客室もあり、居心地のいいサービスを提供してもらえることから、「まるで我が家のよう」と人気の施設。
また、犬専用の「ドッグフレンドリーサービスルーム」というものも提供しており、愛犬家の方でも楽しめるのがうれしいところ。
値段は一泊20655円から
室内コンシェルジュ付きでこの値段…、一度は宿泊してみてもいいかも。

第三位 JRタワーホテル日航札幌

JR札幌駅南口に直結し、交通も便利なこのホテル。北海道最高層ランドマーク。
ホテル内のラウンジからの景色は大人気の観光の一つであり、窓から広がる四季折々の札幌の街や、山々などここでしか見られない景色を見ることができます。
費用は10050円から41200円とのこと。
フランによって異なりますが、この価格で札幌に宿泊に行けるのであれば納得の値段と考えられるのではないでしょうか。

今回、おひとりさまでも泊まれる人気の宿泊施設の紹介をさせていただきました。
せっかく一人旅、それも宿泊しようと思っていく際にはいい宿泊施設を探したくなるもの。
でも、一人の旅行って誰かと行くわけでもないのできっとどこかに泊まっていこうとまで考える人はまだ増えてきてはいるものの多くはないのでは、と思います。
でも一人で宿泊できるメリットとしては、自分の時間を好きに使えることはもちろん、ホテルや宿を探すときに自分の都合を最優先で考えられます。
大好きなペットとだって一緒に行ける宿泊施設、探せばあるかもしれません。
皆さんもよければこの機会に「お泊り一人旅」で自分の好きな場所で、ホテルや宿にもときめいて旅を楽しんでみませんか。

国土交通省 観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/shouhidoukou.html#cp1

統計情報・白書
[執筆:こほ★りん
[最終更新日:2019年5月24日]