ユニコーンステークス回顧

こんにちは。本紙と書いてビッグデータと読む、どうもHONSHIです。

6月16日(日)東京競馬場で行われましたユニコーンステークスですが、
前回の予想で◎に指名したデアフルーグの結果は…

7着(´・ω・`)涙

7着(´・ω・`)涙

7着(´・ω・`)涙

うぅぅ…

馬場の予想はバッチリだったのですがデアフルーグ自体が重馬場の影響を受けたスピードの速い展開についていく事ができず撃沈でした。

パサパサな良馬場で行われるパワー勝負のレースで改めて本領発揮してくれる事を期待しています。

勝ち馬のワイドファラオは芝の重賞も勝っていますしスピードが要求される今回のレースで持ち味を発揮したなという印象です。

という事で発動しますか

必殺!!・・・シャイニングドンマイっっっ!!(; ・`д・´)キラーン

よし。

気持ちの切り替えも完了したところで6月23日(日)阪神競馬場にて開催される宝塚記念のデータ分析を行って参りたいと思います!!

上半期締め括りのグランプリレースのデータを予習します

ファン投票上位の馬に優先出走権が与えられる宝塚記念。

HONSHIはレイデオロという馬に投票しました(^^)/

レイデオロは2017年の日本ダービー勝ち馬で、HONSHIが競馬にはまるきっかけになった年のダービー馬という事で思い入れのある馬でございます!

レイデオロは今回ファン投票2位という事で宝塚記念に出走が決まっています!

応援している馬が勝つ、そして馬券も的中する

それが叶えばそんな嬉しい事は無いのですが、、、

競馬はそんなに甘くないです(;´・ω・)

しっかりとデータを見て分析していきます。

宝塚記念で活躍している血統とは!?


過去10年同レース種牡馬別戦績(出走機会5回以上)
画像引用元:JRAターゲットfrontierJV

ステイゴールド産駒の馬が過去10年で4勝という素晴らしい活躍を見せています!!

今回の出走メンバーでの該当馬は…

・エタリオウ、ショウナンバッハ、スティッフェリオ

枠による有利不利は有るのか!?


過去10年同レース枠番別戦績
画像引用元:JRAターゲットfrontierJV

ななななな…なんと!!

過去10年振り返ると8枠(一番外の枠)の馬から6頭も勝ち馬が出ています!!

これは単なる偶然ではなく梅雨の時期に行われるレースの馬場状態が、レースの展開に対して大きな影響を及ぼしているのではないかとHONSHIは分析します。

臨戦過程に影響されるか!?


過去10年同レース前走レース別戦績
画像引用元:JRAターゲットfrontierJV

過去10年同レース前走距離別戦績
画像引用元:JRAターゲットfrontierJV

臨戦過程を見ると天皇賞(春)からの距離短縮組に有利な傾向が。

これについては「梅雨の馬場×高低差のある阪神競馬場」が馬のスタミナを試しているのだと分析します。

120m間で1.8m勾配の坂を、スタート直後とゴール直前で2回も登らなければならず、更に雨で渋った重たい馬場というのが馬のスタミナを削り取るという仮説が通用します。

天皇賞(春)は3,200mという長距離戦ですので相当なスタミナが要求されます

坂道と馬場、両方のスタミナポイントを問われるレースで天皇賞(春)組が活躍するのは納得できますね。

今回のメンバーで前走天皇賞(春)に出走したのは…

・エタリオウ(4着)、クリンチャー(10着)

最終コーナー回った時の位置取りの差は!?


過去10年同レース4コーナー通過位置別戦績
画像引用元:JRAターゲットfrontierJV

最終4コーナーを通過した際の位置取りが展開にどういう影響を与えているのか…

完全に“前有利”!!

阪神内回りコースを使用するので最後の直線が359mと他場と比較して長くはなく、前述の通りスタミナ勝負になりやすいので前目にポジションを取れていないと勝つのは難しいのかも知れません。

最後一瞬の切れ味で勝負を仕掛けるタイプの馬には厳しいデータと言えます。

最終的な予想は枠が出てから!

という事で各種データを見て参りましたがいかがでしょうか。

スタミナを要求されるコースレイアウト

雨の影響を受けやすい時期でもあるという事

前日と当日の天気もどうなるかまだ分からないのでそこも加味した上でまた週末に◎をご紹介させて頂きます(゚Д゚)ノ

それにしても…もう夏だなぁ~

※本コラムは個人の見解を掲載しております。
競馬のレース結果に関して受けた利益・損害については一切責任を負うことができません。
競馬はギャンブルなので絶対はございません。ご自身の判断で慎重にお願いいたします。
[執筆:HONSHI
[最終更新日:2019年6月19日]