初代「平成ライダー」:クウガ 主演:オダギリジョー


画像引用元:仮面ライダーWEB

2000年に放送された「仮面ライダークウガ」は仮面ライダーブームの火付け役として名高く、ファンからも傑作と評判が高い作品です!

昭和に放送されてから10年のブランクを経て復活した「平成仮面ライダー」の原点であり、昭和のライダーとの比較としてよく語られます。

主人公は冒険家を名乗る、五代雄介(ごだい・ゆうすけ)
突如現れた未確認生命体「グロンギ」が自らの力を示すために独自に決めたルールで行っているゲーム「ゲゲル」で人々の命を奪っていくのを阻止し、人々を守るために戦います!
「みんなを笑顔に」をモットーに行動していて、常に笑顔を絶やさず、子ども好きで穏やか。かつ、人を守るためとはいえ、暴力を振るうことに対して「感触が好きになれない」というほどの平和主義者です。オダギリさん効果でお母さん世代や、若い女性のファンが増えたんだとか!

特撮番組の枠を超えたとすら言われるドキュメンタリー要素が強く押し出された演出が魅力で、徹底的にリアルを追求した作品となっているそうで、子供向け番組のひと枠でありながら、大人も引き込まれる完成度!
お子さんと一緒に観ていて引き込まれてしまった…子供よりも熱心にハマってしまった…という方もいらっしゃるのではないでしょうか!?
ファンタジーっぽい、いかにも子供向けそうなものは苦手…という方にはぜひ観ていただきたい作品です!

主演を務めたオダギリジョーさんは今や誰もが知る俳優さんですが、仮面ライダーをきっかけに人気が出たんだそうですよ!
前述の通り、オダギリさん効果で女性ファンが増えた流れを受けて、平成ライダーの主役にはイケメン俳優を抜擢し、番組終了後は一躍有名になる、というパターンが出来上がったとされています!