バイクじゃなくて電車のライダー!?:電王 主演:佐藤健


画像引用元:仮面ライダーWEB

仮面ライダー電王といえば、あまり詳しくない私でも知っているくらいの人気作!

大人気俳優“佐藤健さん”が主人公:野上良太郎(のがみ・りょうたろう)を務めた作品です!
良太郎は「イマジン」という存在に憑依されて変身することで仮面ライダー電王になります。
さらにバイクに乗ったまま電車に乗りこむという衝撃の設定…。これは観ればわかります。

「イマジン」という存在はいわゆる敵怪人と、かつ仲間として登場するのですが、「イマジン」それぞれに個性があり、すごくキャラが濃いのです!
特に味方のイマジンは「僕に釣られてみる?」など特徴的なキメ台詞もあり、いわゆる「お決まりのやつ」が楽しい作品ですね!
モチーフが童話になっているなど、イメージがわきやすいのが良いですね!

味方のイマジンは主に、モモタロス・ウラタロス・キンタロス・リュウタロスの4人なのですが、彼らに憑依されている間の良太郎はすべて佐藤健さんが演じ分けをしているのです!
簡単かつ分かりやすく説明すると、純情ヤンキー・キザな女好き・世話好きな人情家・わがままな子供、です。佐藤健さんの演技が沢山みられるところも人気の一つとなっています!

また、主題歌をAAAさんが担当したり、物語の途中からはイマジンたちに声優さんが付いたりと、幅広い層のファンを獲得!なんと劇場版が8つも制作された、超人気作品です!

ちなみに電王ファンによると、
過去や未来に行き来できるのが特徴なので、過去を変えたいと願う人々や、そこに付け入り地球を侵略しようとする敵イマジンたちの思惑が描き出す「消したいほどの過去を変えた先にある未来に、希望はあるのか?」というテーマや、元々は敵であるはずなのに味方になってくれたイマジンたちと良太郎や人々の触れ合いがとても心温まるので、そういったストーリーが好きな方や、夢をあきらめそうになっている方、夢を無くしてしまった方にもおすすめ!

とのことでした!なにそれ深い……。