アルゼンチン共和国杯

2歳重賞、アルゼンチン共和国杯、みやこSそして…JBC

先週末に行われた歴史的一戦、天皇賞(秋)から早くも1週間が経過。

天皇賞(秋)関連記事はコチラ↓

間違いなく競馬史に残るレースの余韻がまだ抜けきらない中で頭を切り替えて今週のレースに向かい合います。

こんにちは。涙の競馬予想師、HONSHIです。

今週末は以下の日程で重賞が開催されます。

11月2日(土)

東京競馬場:京王杯2歳S(G2)
京都競馬場:ファンタジーS(G3)

11月3日(日)

東京競馬場:アルゼンチン共和国杯(G2)
京都競馬場:みやこS(G3)

11月4日(月・振)

浦和競馬場:JBCレディスクラシック(jpn1)
浦和競馬場:JBCスプリント(jpn1)
浦和競馬場:JBCクラシック(jpn1)

2歳馬重賞、年末のビッグレースへ向けた前哨戦、そしてダートの祭典と今週末も盛りだくさんです。

その中で今回はアルゼンチン共和国杯をデータ分析から◎推奨馬の紹介をさせて頂きます。

-コース分析 東京競馬場 芝2,500m-

東京競馬場コースレイアウト
東京競馬場 芝2,500mコースレイアウト TARGET FrontierJVより

スタート地点は坂の途中。日本ダービーやジャパンカップが行われる2,400mコースよりもスタート位置が100mズレただけですが、坂の途中からスタートとなるので2,400mと比較するとより一層のスタミナが要求されるタフなコースへと変貌します。
最後の直線は525mで東京競馬場全体の高低差は2.7m。

次ページ
傾向分析