“秋”と書いて「楽しみがたくさん」と読め!!

9月も残すところ数日で終わりを告げ10月に入ろうとしているなう。

秋はおしゃれを楽しんでいる女性を見るのが楽しみです。どうも、HONSHIです。

この記事を書いている今日(9/27)を含めて残り4日で9月が終わります。

それこそつい最近まで夏競馬と燥いで福島、中京、札幌と遠征しまくっていたのにあっという間に秋本番が訪れようとしています。
秋競馬本番、その口火を切るのが今回予想するスプリンターズSで、10月以降はさらに競馬界は盛り上がりを見せるのです。

現時点での秋競馬の楽しみ指数高めなトピックを以下に纏めました

・凱旋門賞

10月6日に凱旋門賞。世界1位のクリスタルオーシャン引退や、武豊騎手騎乗予定だったブルームの回避など少しごたついている感は否めませんが、日本からフィエールマン、ブラストワンピース、キセキの3頭が出場。日本の強豪馬とトップジョッキーが世界最強牝馬エネイブルに対してどの様な走りを見せてくれるのか非常に楽しみな1戦です。

・令和初の天皇賞

10月27日の天皇賞・秋は非常に豪華な顔ぶれが期待できます。日本最強牝馬アーモンドアイ、安田記念の雪辱を果たしたいダノンプレミアム、神戸新聞杯で圧勝した怪物サートゥルナーリア、今年で引退予定の17年ダービー馬レイデオロ、昨年のダービー馬ワグネリアン、今年のダービー2着ダノンキングリーなどどの馬が勝ってもおかしくない程のレベルの高い馬が揃う予定。これは現地観戦必須のレースでございます。

・豪華すぎるジョッキー

また今年の秋は世界の強豪ジョッキーが大勢来日予定となっています。
凱旋門賞2連覇中のデットーリ、世界トップレベルの騎乗技術を誇るスミヨン、名門オブライエン厩舎の主戦ムーア、昨年のマイルCSを制したビュイック、ドイツの名手シュタルケ、JRAトップジョッキーであるM.デムーロの弟C.デムーロ、日本に旋風を巻き起こしたマーフィー…錚々たる世界の猛者たちが日本に集結。これは騎手同士の闘いを見るだけでも価値が高いといえますね。

この他にも秋華賞、菊花賞、そして11月はJCと楽しみが目白押しの秋競馬。

お酒の飲み過ぎに注意しながらエンジョイしたいと思います!