■「血を繋ぐ」それが競馬

どうも、たまには真面目、HONSHIです

今週はレース以外で競馬についていろいろと考える出来事がありました

「キングカメハメハ(という名馬)が種牡馬として引退

「良血馬、ブルトガング(という名の2歳馬)が僅かデビュー1戦で安楽死」

「セレクトセール(馬のセリ)が開催され”億越え”価格でお馬さんたちがバンバン落札」

競馬というのは「Blood sports」と呼ばれています

血を残す、命を落とす、新たに生まれる

血を育むことの難しさを実感させられる1週間となりました

ということで

とにもかくにも

まずは

なにはともあれ

ジャパンダートダービーです!!(; ・`д・´)

予想はコチラ

■「3歳世代」ダートの頂点は果たして・・・

購入した馬券はコチラ

◎12クリソベリル〇10デアフルーグの馬連(地方競馬では”馬複”)と、▲3と△14の3連単で勝負です!!


オレンジ帽子のとその後ろをぴたりとマークする


最後の直線では抜け出すが…緑帽子が他の馬に抜かされていきます…

◎12クリソベリルは見事1着でゴール!!

しかし、馬券は不的中となりました( ;∀;)

■若い馬の能力を図ることは容易ではない

3歳馬たちの世代トップを決めるレースだったわけですが

以外は想定していなかった馬が3着以内に飛び込んできました

私が使用している予想ファクターは

・対戦メンバーによる能力比較
・場傾向と適正
・距離の延長or短縮と適正
・コースレイアウトに対する脚質の向き不向きと枠の有利不利
・レース展開の読み

上記に加えて血統背景を最後のエッセンスとして組み立てているわけですが

まだまだ未知な部分が多い3歳馬たちの予想は容易ではありませんでした(涙)

〇10デアフルーグが今回なぜ凡走してしまったのか理由付けができていないのです

単純に能力が足らなかったのか…

中山競馬場(坂のある小回りコース)じゃないと好走できないのか…

パサパサな馬場じゃないと好走できないのか…

気分が乗らなかったのか…

本当に競馬って難しいですね!!( ;∀;)

しかしながら本コラムの◎に推奨した馬はこれで4戦連続連対と言う事で何とかビッグデータメディアの面目を保つことはできました(;^_^A

(「単勝1.2倍の人気馬なんだから当然だ!」というご意見は聞こえないふり…)

馬券は外れてしまいましたがシャイニングドンマイ発動で次なる予想をしていきましょう( ̄▽ ̄)