■花火大会に阻まれた新潟遠征

今回予想するレースは8月4日(日)新潟競馬場で行われるレパードステークスG3(ダート1,800m)

こちらのレースは3歳限定のダート戦

世代限定のダートレースが好きな私は、ユニコーンS、JDDと並んでダート三冠の3戦目であると勝手に思い込んでおります!

犬より猫派、可愛いより綺麗派、中邑より棚橋派、ベースボールより野球派、うどんよりそば派

そして芝よりもダート派でございます

(つまりどちらも好きという事に変わりはないわけです!)

本来であれば現地観戦を計画していたのですが長岡の花火大会が開催されるという事もあって、新潟周辺のホテルが全然予約できず…

今回は都内から3歳馬たちの走りを見守る事となります( ;∀;)

レパードSは現地で観戦できませんが新潟記念辺りを現地で観戦できたら良いなと旅を計画中です(^^)

それではさっそくコースの分析からいってみましょう!

■新潟競馬場ダートコースの特徴


新潟競馬場ダートコースレイアウト TARGET FrontierJVより

新潟競馬場ダートコースの特徴

・353.9mという直線は東京・中京の直線に次いで日本では3番目の長さ
・ダートコースの高低差は0.6mと、ほぼフラット
・外回りコースに比べれば逃げ、先行馬の優位が増す

先週予想した札幌競馬場などと比較すると最後の直線が100m近く長いコースです

しかし高低差が殆ど無いフラットなコース形態の為、同じ左回りで直線の更に長い東京競馬場や中京競馬場とは少し性質が異なります

東京競馬場に関して言えば直線距離が500m以上ですしゴール前に坂が設置されているので「東京競馬場で好走しているから」という理由だけでは新潟競馬場も好走できるとまでは言い難いですね