■ロジャーバローズ引退

驚きのニュースでした

今年のダービー馬、ロジャーバローズの突然の競走馬生活引退

ロジャーバローズは先日亡くなったディープインパクトの血を継ぐ馬でした

父ディープインパクトも叶わなかった凱旋門賞勝利という夢を掲げ秋に向けて調整中の最中にまさかの引退発表

非常に驚きました

しかし彼には父ディープインパクトの血を継ぐ貴重な種牡馬として第二の馬生が待っています

これから登場してくる産駒の活躍に期待しています

そしてロジャーバローズの引退により凱旋門賞勝利をディープインパクトに捧げるという大きな使命はある一頭の馬に託されることとなりました

その馬の名は、、、フィエールマン

平成最後の天皇賞を制したディープインパクト産駒のサラブレッドです

天皇賞・春の様子はコチラ

このフィエールマンという馬ですが私的には日本で一番強い馬では?と思っています

その走りの豪快さ、躍動感あふれるフォームは圧巻の一言で、「この馬ならきっとやってくれる!」そう思わせてくれる1頭です

(昨年のラジオNIKKEI賞の映像をご覧頂ければその凄さは分かって頂けます)

やはり競馬ファンという生き物はドラマ性に魅力を感じてしまいます

亡き父ディープインパクトの思いを背負って” “無念の弟ロジャーバローズの分まで”なんていうことは当の彼(フィエールマン)には関係ない話かもしれませんが、天皇賞・春の直前にシャケトラが亡くなってしまった時もそうでしたが、彼には何かそういった競馬ファンたちの悲しさを救ってくれる様な気がしています

暑さがピークを迎える今日ですが秋の大一番に向けてのワクワクは既に始まっています!!