秋華賞回顧

”地球史上最大級”の爪痕とは

「台風の目」…話題の中心になる人のことや、周囲に大きな影響を与える人の事を差す際に使用される比喩表現。今後この言葉の使用が憚れるほどの甚大な被害をもたらした台風19号。

今回の台風で被災された多くの皆様にお見舞いを申し上げます。

非常に大きな爪痕を残していった台風ですが皆さま被害は大丈夫でしたでしょうか?

私は特に大きな影響は無く自宅も、周辺地域も無事でした。
自宅近くの川も氾濫することなく何とか持ちこたえてくれたので良かったです。

台風19号による影響は競馬界にも及び、12日(土)・13日(日)の東京開催は中止となり、15日(火)、21日(月)にそれぞれ振替開催が行われることとなりました。
東京競馬場に足を運ぶ予定であった私からすると少し残念ではありますが、普段が行われない平日に中央競馬を楽しむ事ができるという前向きな捉え方で今週はやっていこうと。
そしてなによりも競馬を楽しむ事が出来ることに改めて感謝しこの秋のG1シーズン楽しみたいと思います。

同世代対決最終章

いよいよ3歳世代対決、牡馬牝馬ともに最終戦がやってまいりました。
牡馬は菊花賞。牝馬は秋華賞。先ず行われたのは秋華賞。

今年は秋華賞も菊花賞もクラシック(牡馬は皐月賞、日本ダービー。牝馬は桜花賞、オークス)を制している馬がいずれも出走しないので共に混戦模様となっています。

秋華賞の予想はコチラ

本コラムで◎推奨した馬が現在5週連続で3着以内の馬券圏内に入っており、そのうち4回が1着と好調です!(実際に購入している馬券の結果が伴っていないのが痛いですが…涙)

今週の結果はどうだったのか振り返っていきましょう!