根拠のない嘘の真実

本日も結局負けた。
降参するしかない。完敗である。
よりにもよって己の欲と己の欲を抑えられない自身の双方にだ。
まったくもって屈辱である。

こんな惨めな私である。
せめて赤色くらい頂きたいものだ。

「人はなぜ嘘をつくのか」

人はなぜ嘘をつくのか

人は嘘をつく。
理由はひとつしかない

自分の為だ。
(無論、ここでは人につく嘘を指しており、
 自分自身に正直になれないといった類いの嘘は指していない)

反論はもちろんあるだろう。

「仕方のない嘘だった」
なんていうのはよく聞く言葉ではある。

具体的に理由を尋ねると
会社や友人の為についたといったような
「自己犠牲」の意を彷彿とさせる回答がくる。

果たして本当にそうであろうか。

ここでもう一度よく考えてほしい。
結局その嘘は誰のためについているのか。

会社の為に、、、

会社の評価が落ちれば自分自身が困るから。

友人の為に、、、

友人からの評価を得たいから。

私は考える。
結局人は「保身」の為に嘘をつくのではなかろうか。
(ちなみに言うと私は「嘘」について否定的ではない。
 なぜなら世の中に蔓延る「洗脳」の産物にほかならないからだ。
 ただ、「洗脳」自体に否定的である私は
 決して「洗脳」の産物であるという事実がある以上肯定する気もない。)

ここまではあくまで持論である。
そのためこの持論に異論を唱えたい方を否定する気はない。

そもそも「自己犠牲」については賛否両論があり、
一部の宗教にもかかわってくるものである為、世の中で意見が統一されるわけがない。
(私からすればすべてが「保身」なのだが)

前置きはこのくらいにしてそろそろ本題に入るとしよう。