自己紹介

どうも、ラーメンが好き?いいえ、油が大好きな筆者「アブラ・チャラティ」です。
次郎も好きですね。とりあえず住まいの関係とかの都合で秋葉原・神田近辺をウロウロしつつ、ラーメンやを探す日々を過ごしております。

さて、本コラムちっくなことをやってみようと思ったのは、【ラーメン】と【ビッグデータ】の記事を書いて、我々(油主義)を世界の常識にしたく寄稿した次第でございます。

ちなみに筆者は実にオタクであり、秋葉原に現れるとデュフデュフしながら徘徊している次第であります。
仕事でプログラムを少々いじってはいますが、油にまみれている時間に比べれば微々たるものです。

ちなみにこの記事をアップしてどれくらいの反響があるのか?そしてどういう傾向でここにたどり着くのか?
それらをデータ化してITの力でラーメン界のビックデータになってみせます!

ちなみに、後々記事内に投票機能とか入れていくんで、ぜひ皆さん協力してくださいね。

では、出陣!!( ゚Д゚)<ヤッタルデー

さて、ちなみに今回は初回という事でハイカロリー・メガ盛りにチャレンジしていこうかなと思います。

金曜の夜と言えばやっぱりラーメンだろう。しかもがっつり。

実際にウロウロしていたら、秋葉原駅から末広町方面へ5~7分程度中央通りの裏をウロウロしていたら見つけました。

【肉汁麺ススム】

な。。。なんだこれは。。。。!!

名前からして。。。凄く。。。吸いたいです。。。!!(謎)

ちなみに場所はこの辺

もはやほぼ末広町である。。。(´・ω・`)

ちなみにメニューはこんな感じ

何とレベル制らしい。。。

レベル1 で 130g のお肉
レベル2 で 200g のお肉
レベル3 で 270g のお肉
レベルMAXで 800g のお肉

何とまあ。。。凄く。。。お肉です。。。!

ここは男らしくMAXを注文(1980円)!!
後は店員の人が表にいたんで、質問

私「ライスってあった方が良いですか?」
店「あった方が良いですよ!」

なるほど

ライス注文、そして店内へ。。。

店内は一般的なラーメン屋の様相をなしておらず、意識高い系の人が好きそうな感じ。

席の前にはさまざまな調味料があった。
 ①紅ショウガ
 ②ニンニク
 ③カレー粉
 ④胡椒

こんなにあるとは。。。。( ゚Д゚)

ちらちらと調味料を確認をしていたら、店員がMAXを持ってきた。。。

MAXお待たせしました~(/・ω・)/

何だこれは。。。。

写真では伝わらない感じがここにはある。。。!

パッと見た感じスープが油

肉は焼いたヤツが乗っかってるのかと思ったらまさかの揚げられてる

麺は。。。見えない。。。!

おおおおおおお落ち着け、落ち着くんだ!
素数を数えて落ち着くんだ!
これくらい余裕だろ俺!
諦めるなよ!俺!

とりあえずスープを一口

ズズズ。。。

( ゚Д゚)<ぐはぁ!!

油やないか!!
ギトギトである。。。!

上に乗っかっているお肉を一口

パクッ。。。

( ゚Д゚)<ぐはぁ!!

油やないか!!
豚バラの脂身を揚げて甘辛いタレに付けた感じである。。。!

そして麺。。。麺。。。めん。。?

麺が出てこない。。。!

頑張った結果麺を発見!!

極太縮れ麺がこんにちわしました。

正直。。。凄いです。。。

何がすごいって。。。

油なんです。。。!

とりあえず麺を一啜り

ズズズ。。。

( ゚Д゚)<ぐはぁ!!

やはり油である!

何だこの店は!

ギトギトやないか!!

マジで。。。マジで。。。。

最高かよ

油の摂取が我々の業界では一番大切なことですからね。

ただし、油断するなかれ。

MAXは800gの肉がある。

もはや意味が分からない。

麺とスープを含めたら1㎏越えである。

一般人は是非レベル1か2をお勧めする。

我々のような調教された豚以外にこのミッションはクリアできないであろう。。。

金曜の夜や土日に攻めることをお勧めする。
平日に行くと、次の日のダメージがあるから。

この記事は金曜日にアップされていると思うので、気になる人はそのまま逝ってしまえばいいのではないだろうか。

お店の情報はこちら↓


店名 肉汁麺ススム 秋葉原本店
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-7-12
電話番号 050-5827-1832
営業時間 11:00〜21:00
定休日 無休


さあ、この記事を読んだみんな!
早速お店に行ってギトギトになってくるんだ!

[執筆:アブラ・チャラティ
[最終更新日:2019年5月17日]