Propre Pte. Ltd.」が、不動産ビッグデータを活用したサービス「静的ヒートマップ」の対象国を7カ国に拡大したとのことです。

※【PR TIMES】に2019年6月28日に掲載された記事より引用しております。
無料会員向け!「静的ヒートマップ」対象国を世界7ヶ国に拡大!
-以下引用-

「静的ヒートマップ」とは、弊社が常時メンテナンスしている不動産ビッグデータを独自に解析し、指定エリア内(1km四方に区切った1kmメッシュ内)にて、売買物件、賃貸物件それぞれにおける「単価」・「需要」・「単価/ 需要の4象限分析」の中から、ユーザー様任意の解析シートを選択・ご覧いただくことができるサービスです。

今回、この対象エリアを世界7ヶ国に拡大いたしました。

このことにより、現在好評をいただいております日本国内の
・指定エリア内における物件の「単価」や「流動性」
・当該物件の相対的な優位性
・ビッグデータと独自のアルゴリズムによる定量分析のみで導き出した客観的な解析結果
について、世界7ヶ国でご活用いただくことができるようになります※。

これは弊社の目指す「誰もができる限り正確な不動産市場を理解できる環境創出を目指し、不動産投資を身近なものとする」という理念を一歩前進させるものであり、今回の無料公開を通じてユーザーの皆様に広くご活用いただきたいと考えております。

Propre Global Properties
https://propre.com/ja/map-v2/@39,141,2

不動産情報をマップ上で直感的に見ることができる、非常に画期的で面白いサービスですね。
賃貸や売買など、条件を指定して触っているだけでも楽しくなってきます。
対象エリアも拡大したということで、不動産投資に取り組んでいる方、興味のある方は要チェックですね!

[執筆:ハル・クムラ
[最新更新日:2019年7月1日]