おすすめのしぼりたて新酒

暑い夏が終わり、だんだんと寒くなってきましたね…。
年末年始にかけては忘年会や新年会などのイベントが増え、お酒を飲む機会も増えますよね?

さて、今回も筆者の大好きな日本酒について書かせていただこうと思うのですが

「そういえば日本酒に旬ってあるのかな?」

と、ふと思ったのでいろいろ調べてみました。
そもそも筆者は冬に日本酒を好む傾向があったのですが、その理由も今回の調査で少し解明されました。

キーワードは「しぼりたて新酒」です。

今回は年末年始にぜひ飲んでほしい「しぼりたて新酒」をご紹介させていただこうと思います!

しぼりたての新酒とは?

日本酒フリー画像

まず、しぼりたての新酒とはどんなものなのかをご説明いたします。
新酒とは、広義では製造年度中(日本酒業界では7月から始まって次の6月までの1年間)に造られ、そして市場に出されたお酒のことです。

秋に収穫された新米を使って日本酒造りが進められ、初めて搾られた日本酒を「しぼりたて」「初しぼり」と呼びます。
このしぼりたての新酒は11月から3月頃に出てくるのですが、とてもフレッシュで新鮮なお米の味わいを堪能することができます。
この11月から3月頃に出てくる日本酒を新酒と呼ばれることが多いようです。

よくわかんない単語がちょくちょく出てきますが、簡単に言ってしまえばワインでいう「ボジョレー・ヌーヴォー」のようなものをイメージしていただければいいと思います。

筆者は割と新鮮なもの(鮮魚など)に惹かれやすいので、このしぼりたて新酒の味わいは、どストライクでしたね(笑)

年末年始にはしぼりたて新酒の日本酒を!
先ほど記載したように、「しぼりたて新酒」の日本酒はまさに年末年始に飲むのにふさわしい季節限定のお酒です。
そんなしぼりたて新酒でおすすめの日本酒を一部ですが、日本酒アプリ「さけのわ」のデータとともにご紹介させていただきたいと思います!

「さけのわ」についての記事はこちらから!!