青葉区版  掲載号:2019年1月24日号

オリジナル記事はこちら 【タウンニュース】
https://www.townnews.co.jp/0101/2019/01/24/466482.html

横浜市
独自のBD(ビッグデータ)活用を推進


論文を作成した鈴木医師(中央)と市職員
画像引用元:タウンニュース

高齢化が進み医療需要の増加が見込まれる中、横浜市は独自に保有する医療ビッグデータ「YoMDB(ヨムディービー)」を活用した実態分析に取り組んでいる。この結果をまとめた論文がこのほど、国際的に著名な医療学術雑誌に掲載。外部の専門家の評価を受け、信頼性の根拠を得た分析結果が、今後の政策立案に生かされる見通しだ。

 横浜市の推計では、市の人口は2019年にピークを迎え、65歳以上の高齢者の比率が24・8%になる見込みだ。高齢化が進み医療需要が増加する中、市は限りある財源や医療資源で実効性のある政策を立案するため、医療ビッグデータの活用に乗り出している。

国際的に評価

 市の政策を進める上で、医療現場では従事者が納得できる客観的なデータが必要となる。市が保有するビッグデータ「YoMDB」は、国民健康保険や後期高齢者医療制度等の情報をデータベース化したもの。特に高齢者の分析に効果的とされている。市医療局はデータの信頼性の裏付けのため、国際的に著名な医療学術雑誌への掲載を目指し、昨年5月からデータを分析しまとめた論文の作成に取り組んできた。中心的な役割を担ったのは、横浜市立大学から医療局に出向している鈴木幸雄医師。分析では、2035年の在宅医療需要は15年比で2倍超となること等が示されている。鈴木医師は「今後の政策立案に向け、YoMDBや分析結果の客観的な信頼性を高めたかった」と語る。

介護データと統合へ

 市は今後、分析結果などを踏まえ「在宅医療の体制整備」「市内で在宅医療を担う医師を養成」などのほか、新たな市民生活に有効な政策立案に取り組む。また、YoMDBに介護データを統合し、来年度から医療と介護を一体化したデータの活用を目指す方針だ。「どのくらい在宅医療の整備が必要かなど、客観的なデータがあることで検討を深めていける」と医療局担当者は話している。