バレンタインチョコの予算

クリスマス、お正月…などの年末年始のさまざまなイベントが終わってからやってくるのはバレンタイン!友チョコに義理チョコに本命チョコになんて毎年のバレンタインを心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。
しかし、街中でどれほど「バレンタイン」が流行っても本当のバレンタインの意味を知りながら、バレンタインデーを過ごしてる人って少ない気がします。
バレンタインに隠された意味を知って、今回の2月14日はほかの人たちよりもちょっとお得なバレンタインデーを過ごしてみませんか?

バレンタインギフト
画像引用元:ZOO ONLINEより

バレンタインの由来

バレンタインの起源や由来にはいくつか説があるといわれているようですが、有名なものは聖バレンチヌス(バレンタイン)司教にちなむものになるかと考えられます。

3世紀、ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、軍隊の質と兵士たちの士気の向上を目的に、兵士の恋愛による結婚を禁じていました。
しかし、これに異議を唱えたバレンチヌス司教は、ひそかに兵士たちの結婚式を行っていました。
このことがローマ帝国のクラウディウスの耳に入り、とうとう司教は処刑されてしまいます。
のちに、司教のおかげで結ばれたカップルが、司教の命日である2月14日を「愛の日」として、感謝を捧げたのがバレンタインデーの起源だと言われています。

もともと、バレンタインはメッセージカードなどチョコレート以外のもので好意を伝えることが主流でチョコレートを渡す文化というのは日本だけのようです。

何で日本しかチョコレートを渡さないのか諸説さまざまあるのですが、この文化が定着したのは1970年ごろといわれています。どの会社か…というのもいろんな説があって心苦しいのですが、チョコレート会社が始めた販促・宣伝がきっかけであるとは考えられているようですね。

バレンタインは市販で買う人が多いのか?それとも手作りにするのか?

チョコレート会社が販促を始めたのがバレンタインでチョコを渡す始まり…といっても、いったいどのくらいの人たちが市販のチョコを買っていて、手作りチョコを作っているのでしょうか。気になったので調べてみました!

本命チョコは手作りか市販か
画像引用元:Cancam.jpより

この表では市販チョコと手作りチョコにおいてどちらがバレンタインに渡したいのは市販のチョコと手作りチョコどちらが多いかというものを表にしたものになります。市販のチョコは65%以上にもなるということで昨今はバレンタインとはいえ、そこまで手間をかけたくない、という人も増えてきているんでしょうか…
そんなバレンタインですが今回弊社では義理チョコと本命チョコについてアンケートを集計しました!